福田麻由子の現在「再放送中のグッドドクターで、笑顔がかわいいと話題!」

福田麻由子

福田 麻由子 wiki(c)Ogiyoshisan

福田麻由子さんは、影のある役を演じることが多いですね。

しかし、現在は再放送中のグッドドクターで、悲しい役を演じていても、笑顔がかわいいと話題です。
元子役だった福田さんの成長が嬉しい!懐かしい!という声も。

そこで、本日は、福田麻由子さんについてピックアップ!

福田麻由子さんとは?

1994年8月4日生まれの25歳。

東京都出身で、身長161センチ、血液型はB。

所属事務所の先輩には、山口紗也加さんや戸田恵梨香さんなど。

母親に小さい頃に見ていた、「おかあさんといっしょ」に出たいと申し出たことをきっかけに、4歳で児童劇団にて、歌やダンス、演技などを培いました。

以降は、ケンタッキー・フライド・チキンのCMでデビューし、初ドラマは「summer snow」(2000年)、初映画は「下妻物語」(2004年)でした。

天海祐希さんとの共演でさらに知名度がアップしたドラマ「ラストプレゼント~娘と生きる最後の夏~」(2005年)にて、一人の役者として周囲から認められたことを機に、これまで以上に女優業に邁進。

2005年、フラームに移籍後は、天海さんと二度目の共演となった「女王の教室」(2005)、「白夜行」(2006)など数々のドラマにて、強い存在感を残します。

学業と芸能界を両立しながら、肉体労働のアルバイトを経験したこともありました。

好きな言葉は、「やってやれないことはない、やらずにできるわけがない」で、この座右の銘は、X JAPANのリーダー、YOSHIKIさんと共通しています。

成人後は、連続テレビ小説スカーレットなど活躍が今後も楽しみな若手女優です。

福田麻由子さんのおすすめの作品

「白夜行」(2006)

のちの綾瀬はるかさんが演じたヒロイン、唐沢雪穂(旧名:西本)役。
同じ学校に通う手先が器用な、亮司(泉澤祐希)と出逢い、淡い恋心をお互いに抱きます。

一見、子どもの頃の初恋を連想させる展開ですが、雪穂は、実生活で母からの性的虐待に苦しんでいて、亮司の父(平田満)が関与。

その様子を亮司に見られ、彼が、雪穂を助けるために父親を衝動的に刺してしまいます。

2人はその罪をずっと抱えながらお互いの正体がばれないようにそれぞれの人生を懸命に生きようとするのですが・・・・。

ドブのような毎日のなかで、りょうくんは私の太陽」というセリフや、駅で幼少期の亮司と雪穂が別れるシーンは涙なしにはみられません。

生きづらさを思春期に抱えながらも逞しく生きていく雪穂は、不器用で鋼のメンタルを持った女性の強さを表していましたね。

「女王の教室」(2005)

現在、「美食探偵 明智五郎」で活躍中の志田未来さんや、「いいね!光源氏君」で非日常を生きる主人公を演じている、伊藤沙莉さんも出演していました。

福田さんは本作品で、常に満点答案を真っ先に出す程の優等生、進藤ひかる役。

ひかるは本来、よく笑う明るい性格でしたが、親友の死によって母との間に距離がありました。

ひかるの曇った表情や視線の動きは特徴的で、この子は堅物な優等生タイプなのか?なにか隠していることがあるのかと気になる、神田和美のクラスメイトでしたね。

「グッドドクター」(2018)

かつて、新堂湊(山崎賢人)の病院に入院していた患者で、奇形種ができたことにより、出産不可能になった菜々子役でした。

卵巣摘出により、婚約者との間で揺れ動き、病魔と闘う健気な女性を演じていて、繊細な菜々子役がとても痛いほど伝わりました。

この役は、先週のグッドドクターで再放送され、福田さんの演技に感動の声がSNSに殺到!

相手役の藤原季節さんは、福田さんと「まゆをひそめて僕を笑って」にて、舞台共演をしたこともあることから、視聴者からは「まゆひそ」コンビが再会と話題に。

「コウノドリ」(2017)

当時23歳だった福田麻由子さんが、初の妊婦役に挑みました。

この時演じたカエは、母子共にハイリスクな状況にも関わらず、我が子を生むのですが・・・。

グッドドクター以前に出演していた福田さんの本作は、ラストは「号泣回」。

さらに、子役だった福田さんの成長に考え深いという意見も多数みられました。

福田麻由子さんの現在がかわいい!

福田麻由子さんは2019年に、連続テレビ小説「スカーレット」にて、堺雅人さんと夫婦役で、2児の娘のいる母役を演じました。

ネットでは、福田麻由子さんが「母役」を演じたことに関して、「麻由子ちゃんがもう母に?!」と「新生・福田麻由子」の姿を喜ぶ声も!

福田麻由子さんは最近、戸田恵梨香さんや、広末涼子さんなどと共に、「ステイホーム」時間を過ごしながら、ショートメッセージ動画を配信。

My favorite moment 〜私のお気に入りの◯◯〜

読書家で知られる福田さんは、過去にも、村上春樹さんや、本谷有希子さんなどの著書を愛読しているみたいですね。
ねじまき島クロニクル」がお気に入りみたいで、福田さんの読書好きは、雑誌「ダヴィンチ」などでもピックアップされていました。

学生時代から何度も読んでいることを動画で伝えていました。
このように堅実な「素」の姿があるからこそ、演技に活かされているのかもしれませんね。

背景が切ない役柄が多い福田さんですが、役の人物を顔の表情や声色によって巧みに使い分けられる福田さんを今後も応援したいですね。

コメント