あややこと松浦亜弥の魅力!【やっぱりめっちゃ可愛い!】

アイドル イメージ画像

今や、女性アイドルと言えば、AKB48に代表されるように、日本人にとって“とても身近な存在”になりましたね。

ですが、ひと昔前のアイドルと言えば、手の届かない、だけど最高に可愛い&カッコイイ超カリスマ的存在であったと思います!!

その中でも、筆者が激推しなのが、あややこと松浦亜弥さん!!!

彼女が10代~20代の頃は、いわゆる“ハロプロ全盛期”。

松浦亜弥さんをはじめ、モーニング娘。や藤本美貴さん、カントリー娘。など、多くのアイドルが、女の子の憧れでした。

松浦亜弥さんのカリスマ性は、今映像を見返しても「やっぱり、最高に可愛い!」と思わせてくれます。

今回は、そんな松浦亜弥さんの魅力について、たっぷりと語りたいと思います!

松浦亜弥とは?

松浦亜弥さんは1986年生まれ、兵庫県の姫路市出身のアイドルで、15歳の時に、ハロー!プロジェクトからソロアイドルとしてデビューしました。

代表曲には『桃色片思い』や『yeah!めっちゃホリディ』、『LOVE涙色』など、ザ・王道アイドルと言ったポップチューンな楽曲から、しっとりとした切ないラブソングまで歌い上げる、卓越した歌唱力と、可愛すぎるルックスで、日本のアイドルブームの一端を担いました。

現在は、ボーカルグループ・w-indsの橘慶太さんと結婚し、2人のお子さんのママとして暮らしていらっしゃいます。

残念ながら、2013年で芸能活動は無期限の休止に入ってしまったのですが、今でも松浦亜弥さんの熱烈なファンは多く存在しています。

このCMが放送されていた頃から、少なくとも15年は経っているかと思うのですが、今見ても可愛すぎます…。

このティセラのシャンプー、当時小学校でとても流行っていました。

いつの時代も変わらない、女の子の憧れがぎゅううっと詰まったような存在だったんです。

圧倒的な歌唱力、そしてアイドルとしてのオーラ

松浦亜弥さんが、他のアイドルの方々を一線を画すポイントは、大きく分けて2つです。

1つ目は、“圧倒的な歌唱力”。

松浦亜弥さんは、ライブなどで口パクをすることが一切なく、激しいダンスを踊りながら、しっかりと生声を披露しています。

松浦亜弥がカッコ良すぎる! 「奇跡の香りダンス ~ The美学」

こちらはライブでの映像なのですが、かなり激しいダンスを踊っているのにも関わらず歌ってますよね♪
歌って踊る様子が、めっちゃ可愛いです(^^)/

改めて松浦亜弥さんのパフォーマンスを見返してみて、思ったのですが、下半身がすごいですよね??

変な意味ではなく、重心がしっかり下に落ちているというか。
このことで体幹が安定していて、しっかり声が出るような身体づくりをされていることがわかります。

また、松浦亜弥さんの身長は156cmしかないそうなのですが、もっと長身に見えますよね。
これは、松浦亜弥さんのスタイルが、しっかり鍛えられて、引き締まっているからだと思います。

乃木坂46 『しあわせの保護色』

決して否定するわけではないのですが、例えば乃木坂46の皆さんのダンスパフォーマンスを見てみると、松浦亜弥さんとは全然違うことがわかります。

松浦亜弥さん、堂々としていて、まさに王者の風格、と言った感じですよね。

また、20代に突入してからは、しっとりとした歌謡曲のカバーも、積極的に行っています。

アイドル時代に歌っていた曲は、ほとんどがシャ乱Qのつんく♂さんが手がけたもので、松浦亜弥さんの歌唱法にも、「つんく♂節」といわれる、癖のある歌い方が多用されているのですが、歌謡曲のカバーに関しては、松浦亜弥さん本来の歌唱力が発揮されているように思えます。

松浦亜弥 『ひこうき雲』 クリスマス・ナイト2013

松任谷由実(当時は荒井由実)さんの『ひこうき雲』をカバーされていますが、まるで情景が見えてくるかのように、しっとりと歌い上げられています。

この頃は髪型やファッションも、アイドル時代とは異なり、大人っぽくシックな感じに移行されています。

情感たっぷりに歌う表情に、ぜひ注目していただきたいです。
アーティストとしての表現力も、アイドル界で松浦亜弥さんに並ぶ人は、いないのではないでしょうか。

女性としての生きざまもカッコイイ!

筆者は関西出身なので、同郷の方に関してはつい、ひいき目になってしまうのですが…。

兵庫県出身の松浦亜弥さん、やはり関西の女(笑)というだけあって、意外にもサバサバしており、とても恰好良いんです。

ここで、松浦亜弥さんの名言について、少しご紹介したいと思います。

“私ばかり追っかけてちゃダメよ。私、皆さんの人生にまで責任持てませんからね。”
(2010年、リサイタルにてファンに呼びかけたコメント)

引用先:https://sekihi.net/stones/37240

アイドルと言えば、「ファンの皆さんの夢を壊さないように」決めらめたキャラクターを演じなければならない、という重圧もあるのかもしれません。

ですが、松浦亜弥さんは、ファンに対して、ご自分の持論をスパっと言い切ってしまいました。
ですが、「まさに真理かも…」と思うファンの方々も多く、決して媚びないその姿勢は、とてもカッコイイです。

また、12年の交際期間を経て、w-indsの橘慶太さんと入籍した際には、こんなコメントを発表されています。

“今年の冬で12年の付き合いになりますが、私の青春には、すべて彼がいます。”

引用先:https://news.livedoor.com/article/detail/7923646/

と、自分の気持ちにまっすぐな言葉を残しています。

誰にも忖度することなく、いつも自分に嘘をつかない、正直な生きざまは、彼女の素直さ、そして強さを表しているのではないかな、と筆者は思っています。

現在はママとして、幸せに♪

現在はママとして、奥さんとしての幸せな生活を送っておられるだろう、松浦亜弥さん。

2011年には、子宮内膜症という病気を公表していましたが、無事にお子さんも生まれ、ファンとしては嬉しさでいっぱいです。

今後は、いつ芸能界へ復帰されるのかはわかりませんが、いつの日かまた、松浦亜弥さんがテレビやライブに出演されている姿を見たいな~、と願っています。

最後に、筆者オススメの、松浦亜弥さんのアルバムをご紹介したいと思います。

『T.W.O』

松浦亜弥さんの2枚目のアルバムとしてリリースされた『T.W.O』。

アルバム全体のコンセプトは“女子高生の1日”。

収録されている曲たちは、どれもが10代の等身大の女の子の気持ちを歌ったものばかりですが、ロック調やバラード、アイドルっぽいポップスなど、さまざまなヴァリエーションの曲が収録されています。

大ヒットした『yeah!めっちゃホリディ』や、『桃色片想い』などのシングル曲も収録されています。

『Click you Link me』

後期の松浦亜弥さんの歌声が聴ける、カバーアルバムです。
筆者的オススメポイントは、レトロでおしゃれなジャケット。

松浦亜弥さんの歌唱力を堪能したい!という方にぴったりのアルバム。
古き良き昭和の歌謡曲はもちろん、元ちとせさんの『語り継ぐこと』などもカバーしており、新しい松浦亜弥さんの一面を楽しめます。

活動休止中の現在でも、多くの方に愛されている松浦亜弥さん。
皆さんもぜひ、この機会に、松浦亜弥さんの歌声やパフォーマンスに触れてみてくださいね!

 

コメント