大島優子の現在は?!【アメリカに語学留学後、演技派女優へ】

大島優子さんのプロフィール

女優、女性アイドルグループAKB48の元メンバー
生年月日 1988年10月17日 31歳
出身 栃木県
身長 152センチ
事務所 太田プロダクション
血液型 B
スリーサイズ B82 W55 H81
靴のサイズ 23センチ

女優になったきっかけは?!

日本人の父親、日本とアメリカのハーフの母親の元に生まれたクォーターである大島優子さん。

小学校卒業後神奈川県横浜市から栃木県に転居しますがその直後に両親が離婚しました。大島さんは父親のほうについて父子家庭で育ちました。

大島優子さんが女優になったきっかけは母親でした。まだ両親が離婚する前の1996年に母親の薦めでセントラル子供劇団に所属し子役として芸能活動を始めます。

子役時代を含めると芸歴は20年以上になります。

AKB48時代の活躍

❮2006年❯

大島さんは2006年に行われた第二期追加メンバーオーディションで見事合格しAKB のメンバーになりました。AKB 加入後はチームKへの所属となります。同年10月にはファーストシングル「会いたかった」がリリースされました。見事選抜メンバーにも選ばれています。

その後、前田敦子らとともに現在の所属先である太田プロダクションに移籍しています。

❮2007年❯

2007年にはNHK紅白歌合戦に初出場

❮2009年❯

4月11日に行われたAKB48劇場での公演初日で喉の手術をすることを公表しました。手術を終えた大島さんは術後も良好で声を出せない以外はいつも通りになりました。そのあともしばらくは劇団をお休みしました。現在も声がハスキーなのも少し関係がありそうです。しかし健康になってよかったです。

退院後は同月25日のコンサートにてMCのみの出演となりましたが公の場に姿を出しました。そして、その年の6月に第1回AKB 総選挙がおこなわれています。結果は2位でした。

その時の1位はもちろんライバルであった前田敦子さんで、投票数も4630票に対して大島さんは3345票で約1300票という大差で負けました。しかし、その当時の票数は全体的にも少ないですね。そこからのAKB の知名度の追い上げは凄まじいですね。

❮2010年❯

そして気になる第2回AKB 総選挙。なんとなんと前回惨敗した前田敦子さんを追い抜き見事1位になりました。大島さんは31448票、2位の前田さんは30851票でした。1回目の選挙と比べると格段に全体的に票数が増えています。同年8月に17thシングル「ヘビーローテーション」ではシングル初めてのセンターを務めました。

【MV full】 ヘビーローテーション / AKB48 [公式]

❮2011年❯

そして、さらに大島さんは別ユニットとしても活動することになります。派生ユニット「Not yet」というグループで、メンバーは大島さん他、北原里英、指原莉乃、横山由依で結成されました。リーダーはもちろん大島さんで、「歌もダンスもまだまだだけど、その分成長できる」という意味から、Not yet という、グループ名なったらしいです。

Not yet / 週末Not yet

またその年に行われた第3回総選挙はまたしても前田敦子に抜かれ2位となりました。この二人の攻防が続きましたね。1位の前田敦子は139892票、2位の前田さんは122843票でした。

❮2012年❯

第4回総選挙では、ふたたび王者に返り咲くことができました。1位の大島さんは108837票でした。そのころは前田さんは出馬していなかったので2位はまゆゆこと渡辺麻友さんでした。

❮2013年❯

その頃にはすっかり王者の貫禄があった大島さんでしたが、その年に行われた第5回総選挙ではHKT48の指原莉乃さんに追い抜かれ2位となりました。そして、その年の大晦日のNHK 紅白歌合戦にてAKB からの卒業を表明しました。

大島優子さんのすごいところ

前述したとおり子役時代の頃から女優魂をもっていて容姿端麗の大島さんですが、何よりもダンスのスキルが高いのです。AKB のメンバーの中でもトップレベル。さらに、バラエティー番組でもモノマネや変顔を何のためらいもなくできる点も女優魂を匂わせます。

さらに、あまり知られていないかもしれませんが、運動神経がずはぬけているのです。週刊AKB の大運動会では足がメンバーの中で誰よりも速く体力測定でも第1位でした。つまり、前に出ることになれていていつも目立っていたといえますね。

超人優子2~運動神経篇~

大島優子さんの現在は?!

AKBで一世風靡をした大島さんですが、卒業をしてしばらくたちますが現在は何をしているのでしょうか?

メディアにはしばらくでていましたが、2017年の8月に突然芸能活動を休止し約1年間アメリカのオレゴン州に語学留学しています。突然でしたので、びっくりしました。留学した理由としては自身が女優としてどうあるべきかわからなくなり、自身のことを思い返すための留学だったようです。自分がもしそういう状況になったところで、ひとりで海外にホームステイできるとは思えませんのでその勇気をとても尊敬しています。

その後、ドラマなどにも多く出演しています。最近では、「私が恋愛できない理由」というドラマが多くの女性の心をわしづかみしてとても話題の作品となりました。

他にはNHK連続テレビ小説「スカーレット」に出演し、ヒロインの幼なじみでの照子を演じ、地味なおばさんの演技が非常に高く評価さました。演技派女優として着実にキャリアを重ねています。

私が恋愛できない理由 - FOD
FOD

つい最近ではyoutubeで絵本朗読などの活動もされています。

これからも多くのドラマや舞台などの印象深い作品に出会い、たくさんのメディアで活躍できることを期待しています。

コメント