KAB.をみんなに知ってもらいたい!【横浜出身のシンガーソングライター】

みなさんは、鮮やかな髪色のモヒカンヘアーがトレードマークのKAB.をご存じでしょうか。

メディアにはあまり登場していませんが、歌声もサウンドもとても素敵で、音楽的才能に溢れている正統派のシンガーソングライターなのです。

今日は、KAB.の魅力をみなさんにお伝えしたいと思います。

私がKAB.を知ったきっかけ

当時、高校生だった私は暇さえあれば某CDショップへ行き、視聴コーナーにあるCDを片っ端から聴いていました。そこにモヒカンヘアーの人が街を見下ろしているジャケットのアルバムがあり聴いてみると、あまりのメロディーの美しさと心地よさに、迷いもなくレジに持って行きました。

そう、これが私とKAB.の出会いです。

アルバムのタイトル「日吉ってどういう意味だろう…???」と思いながら家に帰り聴いてみると、収録している曲すべてが良くて、その日は寝るまで聴いていたのを今でも覚えています。

KABとは?

略歴
幼少期からピアノを、中学に入ってからはギターを習い始め、いくつかのバンドを組み活動。その後、ソロとして本格的に活動する。
1999:若手ミュージシャンがテーマに沿って曲を発表する、テレビ東京系列の音楽番組「ソングライトSHOW!!」に出演し、バイオリニストの葉加瀬太郎に楽曲「カレーライス」を絶賛される。
2000:日立マクセルが立ち上げた「マクセル・イーキューブ」からメジャーデビュー。ファーストアルバム「日吉」を発表し、約10万枚を売り上げる。
2001:アルバム「散歩道」を発表。
2002:アルバム「向日葵」、ベストアルバム「道」を発表。
2003:日本全国でライブを中心に活動。
2005:Chageや大塚愛などのツアーに参加しているギタリスト西川進らと、バンド「イツカノオト」を結成し活動。その後、脱退し活動休止を発表。
2007:アルバム「カナリヤ」「君の涙を拭う指」を発表。
2009:アルバム「未来」を発表。
2016:アルバム「私生活」を発表。

現在の活動

現在は音楽活動と共に楽曲提供も行い、アーティストとのコラボで製作も行っている。

また、アニメ「伯爵と妖精」のエンディング曲の歌詞提供なども行い「Smash Room School 奥沢」にてヴォーカルレッスン「KAB.のお唄で心開放教室」も開催している。

Smash Room School 奥沢

KAB.おすすめの曲

・日吉(アルバム「日吉」に収録)

KAB. 『日吉』

就職のために上京し、私の住んだアパートのある街は偶然にも日吉。坂の下の4畳半のアパートで社会生活が始まりました。
親元を離れ、慣れない環境で知り合いも友達もいないなか、私は「日吉」の歌詞に地元を重ね、何度も帰りたいと思い泣きながら坂を下り家路についていました。

・Realize!?(「Realize!?・浅草の天使・カレーライス」に収録)

KAB.『Realize!?』PV

KAB.は性同一性障害(←障害って言いたくないな・・・)を公表しています。戸籍上は女性だけど、心は男性です。恋愛をテーマにしている曲が多い中、KAB.だからこそ繊細で微妙な恋心が理解でき、詩にして伝えられるのだと思います。

・本当は泣きたいクセに(アルバム「日吉」に収録)

KAB.『本当は泣きたいクセに』PV

失った恋などもう 忘れたんだと笑っては
手当たり次第 電話をかけて
ごまかしてる 本当はすごく・・・泣きたいくせに

誰もがあるあるではないでしょうか。
聞きやすいメロディーとストレートな歌詞に共感できる部分がたくさん詰まっています。

・カレーライス(「Realize!?・浅草の天使・カレーライス」に収録)

情熱大陸でおなじみのバイオリニスト葉加瀬太郎が認めた曲です。この曲でKAB.のファンになった人も多いと思います。

・桜並木(ベストアルバ「道」に収録)

KAB. 桜並木

・三畳のブルース(アルバム「私生活」に収録)

最後に・・・

私は、もっともっと評価されるべきアーティストだと思っています。この記事を読んで少しでもKAB.を知ってもらえれば嬉しいです。

全国各地でLIVEも開催していますので、気になる人は是非行ってみて下さいね。

KAB.オフィシャルサイト
アーティストKAB.のライブ情報、リリース情報をいち早くお知らせ致します。

最後に、KAB.の魅力はノスタルジックで柔らかいメロディーに、見た目とは全く正反対な癖のない優しい歌声です。そして、ストレートで誰もが共感できる歌詞だと思います。

歳を重ねると見栄やプライドで自分のドロドロした部分で溢れてしまいがちです。でも、KAB.の曲を聴くとすべて丸裸にされ、恥ずかしさも忘れ、純粋な気持ちのあの頃に戻れるような気がします。

コメント