Charaさんの現在は?「YUKIさんとのコラボがトレンドで胸アツ!」

Chara

CHARA(カウントダウンジャパンで)wiki(c)Nesnad

ベティブープを彷彿させる色っぽさと愛らしい表情が目を惹くCharaさん。

現在は元JUDY AND MARYの元メインボーカルでソロミュージシャンとして活動する、YUKIさんとのコラボの復活や、SNSにて、愛犬、モジョ君との微笑ましい写真が話題!

Charaさんといえば、浅野忠信さんとの電撃結婚や、現在、若手タレントとして活躍している、長女&長男も見逃せません!

歌手・Charaさんとは?

Charaさんは、1968年1月13日生まれの現在、52歳です。

本名は、綿引美和(※本人がInstagramにて過去に吐露)
埼玉県川口市出身、血液型はAB。

ミュージシャン以外にも、音楽プロデューサー、女優として活動。現在は、女優としての活動はストップ。

両親と妹の4人家族で育ち、幼い頃から作曲をするなど音楽に慣れ親しむ環境で過ごしました。

学生時代はアマチュアバンドの手伝いをしながらキーボードを弾き、作曲をしたり、その傍ら、六本木のローラースケート場内のバーでアルバイトをするなど下積み時代を経験。

デモテープをきっかけに、1991年9月にシングル「Heaven」でエピックレコードジャパンよりデビュー。

Chara 『Heaven』

1992年セカンドアルバム「SOUL KISS」で第34回日本レコード大賞ポップス・ロック部門のアルバム・ニューアーティスト賞にノミネート。

1993年に、サントリーリザーブのシリーズCM「リザーブ友の会」、資生堂「PJラピス」のCMに出演。この時期に、ファンクラブ「チャラクラ」を設立。

1995年3月31日、かねてから交際をしていた、浅野忠信さんと入籍。2人は婚姻届けを役所に提出後、渋谷の某所で結婚指輪をつけたとか。微笑ましいですね。

同年夏に、現在はモデル&女優として活動する娘、SUMIREさん出産。

1996年、映画監督、岩井俊二さんの作品「スワロウテイル」に主演。そこで女優としてのスタートを切りました。本作で日本アカデミー賞主演女優賞を受賞。

そして劇中歌「スワロウテイル~愛のうた」が大ヒット!

現在もこの曲は、Charaさんのファン以外の世代にも知られた名曲です。また、劇中でCharaさんがボーカルを務める「YENTOWN BAND」としても映画の世界観を表現する形で楽曲のリリースや、コンサート、野外ライブイベントで活動。

1997年、Charaさんのアルバムとして有名な「Junior Sweet」がオリコン初登場1位になり、ミリオンセラーを記録。

1999年に、JUDY AND MARYとして当時、活動していたYUKIさんと初コラボ「Chara+Yuki」結成後、シングル「愛の火3つオレンジ」などを発表。

Chara+YUKI 『愛の火 3つ オレンジ』(1999.11.26 Release)

YUKIさんとはバンド「Mean machine」という女性ロックバンドのメンバーとしても共演。このバンドには、「昼顔」、「セシルのもくろみ」などで知られ、Charaさんとは「スワロウテイル」での主演も話題になった女優、伊藤歩さんも参加。

同年に、モデル&俳優として今後の活躍が楽しみな長男、HIMIさん出産。

2000年代以降は、エピックレコードを円満契約終了。レコード会社には所属せず、インディーズでの活動に。

2006年に、ユニバーサルミュージックに移籍し、メジャーとしての音楽活動再開。オリジナルアルバム「ユニオン」の発売や全国ツアーも展開。

2008年2月某日、浅野忠信さんが主演を務めた映画「モンゴル」が第80回アカデミー賞外国語映画賞を受賞し、夫婦でロサンゼルスの会見を行い、話題に。

しかし、2009年に協議離婚をしたとお互いの公式サイトで発表。離婚の原因は、浅野さんの“華麗なる”女性遍歴でした。

以降、Charaさんは、芸能界の次世代タレントとして活躍中のSUMIREさん&HIMIさんの活躍を元夫である、浅野さんと見守りながら、現在も積極的な音楽活動を続けています。

Charaさんのおすすめの楽曲

スワロウテイル~愛のうた~

Chara「Swallowtail Butterfly~あいのうた~」 1997 AKASAKA BLITZ

前述した「スワロウテイル」の主題歌。スローテンポなイントロに加え、儚げな歌詞が特徴。

Charaさんの甘めなウィスパーボイスがゆるっとした独特の空気を醸し出しています。“私はあいのうたであなたを探し始める”という切ない失恋を彷彿させますね。

Tinny dancer

Chara 『Tiny Dancer』Music Video

“私が置いてゆくのは小さな態度、心を揺さぶるようなあなたへの愛だけ”、“あの人は気が付いていたのかな?愛したことは真実”

この歌詞、Charaさんの恋愛経験から紡ぎだされた言葉なのでは?と思ってしまいますね。この曲は2017年に、女優、満島ひかりさんがPVに出演したことで話題となりました。

やさしい気持ち

Charaさんの“王道ソング”で代表曲。“泣けない女の優しい気持ちをあなたが沢山知るのよ”という印象的な歌詞は、恋愛に関する酸いも甘いも噛み分けた母が自身の恋愛体験を娘に伝えているかのようにも感じました。

Chara 『やさしい気持ち』

“初代版”ともいえるPVでは、羊のようなモフモフとした衣装に身を包んだCharaさんがメリーゴーランドに乗っている幻想的なシーンを覚えている人も多いのでは?リニューアルした「Special kiss ver」では、愛娘、SUMIREさんも登場。SUMIREさんがかつてのCharaさんが演じたシーンを再現。母から娘へ受け継がれたような世界観に注目!

きえる(正式名称・KISS)

Chara – kiss

吉高由里子さんと井浦新さん(旧名・ARATA)の共演で話題となった金原ひとみさんの著書、「蛇にピアス」の映画主題歌でした。

自分の居場所や生きている意味を求めて渋谷の繁華街をさまよう主人公、ルイの心情を理解した歌詞が耳に残りますね。

特に“ないよ ほしいものがないよ 君以外ないよ”、“見つめ合って編むの この恋をもっと編むの Charaさん独特のゆったりした曲調なのに、どこか「哀」を感じさせます。PVでは、海外の男性タレントとのカップル役が話題に。

浅野忠信さんとのビッグカップルだった!共演映画を紹介!

浅野忠信さんとの「PICNIC」での共演はとても話題に。

昨今も本作品を楽しむ人のツイッターの反応も見受けられました。そもそもこの映画は、双子の妹を誤って殺してしまったCharaさん演じた主人公、ココ。

彼女は、両親に見捨てられるように劣悪な精神病院へ入れられますが、そこで出逢った入院患者のツムジと知的障がいのある長身のサトルが、ココにとっての「光」に。

浅野忠信さん演じた、ツムジは、小学生時代に担任から受けた性的虐待によって心に深い傷を負っていました。

そんな難役を演じた2人は劇中でもリアルでも恋仲に発展!脚本内容が大きく変更されたみたいですね。撮影中も2人は気持ちが通じ合っていたとのこと。

Charaさんの曲に「タイムマシーン」という楽曲があります。このPVでも浅野さんと共演し、楽曲の中の恋人役なのです。まるでプライベートフィルムのようなリアリティ感が微笑ましいような切ないような・・・。

Chara 『タイムマシーン』

“恋人はもういない 時代は戻らないよね”
“タイムマシーンはこない そんな歌をうたっていた”

この歌詞を聴いていると、チャラさんが本当に浅野さんと仕事とプライベート内で、幸せな時間が存在したんだなということが伝わりますね。

SUMIREさんとHIMIさんが父親と離れていても普通の親子としていられるように、Charaさんも浅野さんも配慮。

それにより、成人後のお子さん2人とCharaさん・浅野さんの家族としての繋がりは現在も途絶えていません。

Charaさんの娘&息子は次世代を担うインフルエンサー?

Charaさんには2人のお子さんがいます。

娘はモデルで女優のSUMIREさん。名前は、花の「すみれ」と、笑顔の「スマイル」に由来。
1995年7月4日生まれで、24歳。

24歳とは思えないほど大人びていますね!母、Charaさん譲りの不思議な雰囲気のある方です。また、SUMIREさんはカラコンをつけているのではなくて、父、浅野さん譲りのハシバミ色。浅野さんが北欧系アメリカ人とのクォーターなので、透明感がある瞳を受け継いだSUMIREさんのチャームポイントに。

SUMIREさんはファッション雑誌「荘苑」の専属モデルや、マキアージュのショートフィルム「雪姫の夢」に連続出演。

母、Charaさんとは、2014年のモデルデビュー初期に、「KOE」の広告塔になり、幻想的な存在感を醸し出していました。

「タマホーム」のCMにて、Charaさん&愛犬、モジョ君とのほのぼのする共演も話題で、「あの女の子は誰?」とネット騒然になったことも。

映画「サラバ静寂」(2018)ヒカリ役、「LAPSE」葉山ヨウ役、「リバーズエッジ」吉川こずえ役、WOWOW限定ドラマ「悪の波動 殺人分析スピンオフ」浅田吉佳役など。

現在でも、カネボウ化粧品「アリー」の日焼け止めのCMに出演中!

いっぽうで、息子の緋美さん1999年生まれの二十歳。

ジーンズメーカー「エドウィン」のキャンペーン動画内で、エドウィンジーンズの「503」を着用。

父、浅野忠信さんにも近い独特な風貌のイケメンですが、Charaさん譲りのあどけない瞳も印象的。

また、尾崎豊さんの「シェリー」をギターで弾き語りしている様子が昨今、話題!木村拓哉さん主演のドラマ「グッドワイフ」への出演など俳優としてもこれからが楽しみです!

Charaさんの現在は?YUKIさんとの再コラボやオンラインライブに出演!

Chara+YUKI 『楽しい蹴伸び』

 

オトナ可愛い極みです・・・。

CharaさんもYUKIさんも年齢を感じさせない愛らしさ全開です。
Charaさん52歳、YUKIさん48歳・・・これぞまさに、“美魔女”。

ネット上でも歳をとらない妖精みたい!などと今、トレンドなのです。

2人の白百合のように華奢なスタイルの良さ、真似したくなるファッション、零れ落ちる真珠の清楚さと華美が合わさった演出、おしゃまな猫のような表情を浮かべたCharaさんと、ドーリーとレディを行き来したルックスのYUKIさんの姿は、向かうところ敵なし!

Charaさんはミュージシャンとしても女優としても、唯一無二の存在感があり、家族を大切にする繊細な歌手の方です。

最後に、私物のフォトエッセイにあるCharaさんの優しい人柄が伝わる名言を紹介!

人は愛の為に生きて、優しさを求めて生きていていいんです
人の時代を励ますのは、いつの時代も心からの笑顔
私は何も出来ないけど音楽は出来る、あなたを一瞬で笑顔に変えたい 

by 「Chara breaking hearts」(2010年発売)より抜粋。

無料通話アプリ「LINE」が提供するサービス「LINE LIVE」にて4月18日夜8時から配信。アーティストとファンが自宅で「繋がれる」を目的とした「BLOCK festival」は、コロナ終息後も、アーティストとファンが実際に会えるコンサート企画を検討しているとのこと。

今後も人の心に寄り添い、女性の恋心を切実に歌うCharaさんに注目したいですね!

コメント

  1. […] 真木さん以外にも、歌手Charaさんとの映画「スワロウテイル」での共演が有名で、「昼顔」での怪演でも知られる、伊藤歩さんや、吉瀬美津子さん、長谷川京子さんなど豪華な女優陣の華麗なる共演も話題になりました。 […]