エマ・ワトソンの魅力と現在・『ハリポタ』ハーマイオニーだけじゃない!

Emma Watson wiki(c)Mars Films

エマ・ワトソンといえば、世界でも有数のセレブ女優として、知らない方はいないのではないでしょうか。

彼女は1990年にフランス・パリで生まれ、2001年に映画『ハリー・ポッターと賢者の石』でハーマイオニー役としてデビューしました。

ハーマイオニー・グレンジャーといえば、原作では「成績は超がつくほどの優等生で、髪はもじゃもじゃ、前歯が大きい」という女の子として描かれているものの、エマ・ワトソンが演じたことで、超美少女の設定になってしまいました。

2009年12月には「過去10年間で最も興行収入を稼いだ女優」としてギネス記録に認定され、当時は大変な話題になりました。

私生活では、数々のボーイフレンドと浮名を流し、お騒がせセレブとしても注目されていましたが、名門中の名門校・ブラウン大学の学士号を取得するなど、まさにハーマイオニーのように優等生としても知られています。

この記事では、そんなエマ・ワトソンの魅力について、筆者独自の目線から、たっぷりと語っていきたいと思います。

『ハリポタ』後の順調なキャリア

『ハリー・ポッター』シリーズが最終作を撮り終えた後、主役ハリー・ポッターを演じたダニエル・ラドクリフ、親友のロン・ウィーズリーを演じたルパート・グリントは、積極的に他の作品に出演することが少ないように思います。

ですが、エマ・ワトソンは、「いつまでも、ハーマイオニー役の女の子、とだけは思われたくない」という想いから、数々のキャリアを積み上げていくことになります。

2012年には、10代の男女の繊細な気持ちを描き切った青春映画、『ウォールフラワー』に出演、その時には、今までのトレードマークだった栗色の巻き髪を、短く切って役作りに挑みました。

また、2013年には名優ラッセル・クロウと共演、『ノア 約束の舟』では、ノアの養女役を演じました。

その後、2016年には一年間、女優業を休業しますが、2017年にはディズニーの実写映画『美女と野獣』で主役のベル役を演じます。

この映画はミュージカル映画で、当然歌唱シーンがあるのですが、エマ・ワトソンの歌声は美しく、ヒロインのイメージにぴったりです。

[エマ・ワトソンが歌う!]『美女と野獣』TVスポットトレーラー

この動画から、エマ・ワトソンの歌唱力を堪能することができます。

同年には、トム・ハンクスと共演した映画『ザ・サークル』に出演し、SNSから生じる、世界の闇を表現しています。

数々の名優と共演し、ヒロインを務めているエマ・ワトソンですが、2020年初夏に日本でも公開予定の映画、『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』では、主演のシアーシャ・ローナン演じる、ジョー・マーチの姉、メグを演じています。

この役は、降板したエマ・ストーンの代わりに演じることになったようなのですが、珍しくエマ・ワトソンが助演にまわっています。

エマ・ワトソンの花嫁姿!『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』予告編

コロナウイルスの流行で、上演日が延期、日本で上演される日は、今のところ未定になってしまいましたが、筆者は原作の『若草物語』が大好きなので、上演される際には、ぜひとも観に行きたい!と思っています。

このように、エマ・ワトソンは順調にキャリアを積んで、女優として様々な役柄に挑戦しているのです。
これから彼女が、30代、40代と年を重ねていくうちに、どのような女優さんになっていくのかが楽しみです。

フェミニストとしての活動

エマ・ワトソンは、女優という顔の他に、若きフェミニストとしての顔も持っています。

女性に対する正当な権利を求め、あらゆる場面で自らの考えを発信しています。

国連でのスピーチの中で、彼女は、「フェミニズムについて話す機会が多くなるにつれ、女性の権利を主張することが男性嫌悪につながってしまうことが問題である」と述べています。

女性の権利を主張する=男性を否定する、ということではなく、男女平等に(トランスジェンダーの方も)手を取り合い、尊重し合える社会を目指す、ということが大切なのだ、と、強く世界に訴えかけているのです。

それは、エマ・ワトソン自身が、小さな頃から人々に注目され、いわれのない性差別を受けたり、メディアから性の対象としてみなされた、という苦しい経験があったからです。

エマ・ワトソンは、自分だけが特別な目に遭ったのではなく、世の中の多くの女性が同じ問題に苦しんでいることに気づき、男女平等のために、自分の考えを世の中に発信していくことにしたのでしょう。

そんな彼女の生き方に、多くの女性が勇気をもらっています。

エマ・ワトソンの現在は?

数々の魅力的な活動を行っているエマ・ワトソンですが、彼女は現在、どのような活動を行っているのでしょうか。

ランコムやバーバーリーなど、有名ブランドのモデルとしても活躍しているエマ・ワトソンですが、2017年からは、ファッションやメイクを中心にアップする、インスタグラムを開設しています。

エマ・ワトソンに憧れるファンは世界中にいるでしょうから、彼女のファッションやメイクのコツを知ることができるのは、とても嬉しいことですよね。

View this post on Instagram

Oscars Vanity Fair in Ralph Lauren from the archives. Great design is timeless and this dress, like vintage, is another way to wear a sustainable piece. Shoes by @rogervivier, a brand promoting craftsmanship and supporting their local town of Brancadoro . @tylerellisofficial bag handcrafted by a small team of artisans in Italy. Fair trade and recycled gold sapphire cuff by @anakatarinadesign , @anakhouri responsibly sourced ring and bracelet, and @vraiandoro earrings made from lab grown diamonds and recycled gold. For skin, @iliabeauty Vivid Concealer in Maca used as a lightweight foundation for a fresh look and a few dabs of @rmsbeauty ‘Un’ Cover-Up 22 under the eyes. RMS Beauty Eye Polish in Solar on the lid to add a bronze glow and RMS Living Luminizer under the brow to the top of the cheek bone. Ilia eyeliner in Rebel Rebel to enhance the lash line. Ilia Multi-Stick in Tenderly flushes on the cheeks. Lips @janeiredale lip liner in Spice and finished with Ilia Lip Gloss in The Butterfly and I. #timesup

A post shared by The Press Tour (@the_press_tour) on

インスタグラムでは、艶やかなドレス姿のエマ・ワトソンや、

View this post on Instagram

Merci beaucoup Paris for the wonderful start to the @beautyandthebeast tour! We felt like we were back in the heart of the film. Next stop – London. Did you know in the French version of the film, Cogsworth is called Big Ben? And Philippe is called Philbert?! ??? Body by @woronstore, a slow fashion brand that focuses on everyday essentials. Each underwear garment is made from Lenzing Modal® fabric, a fibre made from beech wood sourced from sustainable forestry plantations in Europe. Socks by @boodywear, a brand that produces underwear made with certified organic bamboo, produced using computerised 3D knitting, so no fabric is wasted. Its factories are zero-waste and have a closed loop system to stop any water being wasted. Faux leather jacket and dress by @stellamccartney Boots by @goodguysdontwearleather. The brand doesn't use any animal products in its collections, which are made in Porto, Portugal, helping preserve the traditional shoe making industry of the region. Jewellery by @allbluesofficial, who are based in Stockholm and handcraft every piece in their local, third-generation foundry. Fashion info verified by @ecoage #ecoloves Concealer by @rmsbeauty which is formulated with raw, food-grade and organic ingredients in their natural state. Red pomegranate cheek and lip stain by @thebodyshop, who campaign to 'Enrich Not Exploit’ by protecting endangered habitats from intensive farming expansion, bronzer by @vitaliberata who have developed a collection of tanning products free from parabens, alcohol and that spray tan smell. Powder by @iliabeauty which is made from organic powdered corn and minerals instead of loose talc. Brown eye pencil by @honest_beauty who champion fair labour and human rights with their Health & Sustainability Standards. Lip balm from @tataharper who formulate and manufacture their natural and organic products from their farm in Vermont. Eyebrow gel by @janeiredale which is certified cruelty-free and eyebrow pencil by @alimapure who make their products in a diverse range of colours to suit all skin tones and offset 100% of their corporate carbon emissions. Beauty product info verified by @contentbeauty

A post shared by The Press Tour (@the_press_tour) on

オフショットと思われる様子の動画などが公開されています。

世界中の女の子の永遠の憧れ、エマ・ワトソン。

30歳になった現在でも、その美しさはとどまることを知りません。
外見だけでなく、内面も美しい彼女の生きざまを、これからも追いかけ続けたいと思います!

コメント