ジューダスプリーストのボーカル、ロブ・ハルフォードの今は?

ロブ・ハルフォード

Rob Halford, Judas Priest singer, in Miami.

ジューダス・プリーストのボーカル、ロブ・ハルフォード(本名Robert John Arthur Halford 、1951年8月25日  )のパワフルなボーカルは最高です。伸びと張りのあるボーカルに迫力あるギターサウンドがさく裂し、メタルゴッドの名にふさわしいパフォーマンスです。

プロフィールと経歴

1951年8月25日、イギリスで誕生したロブ・ハルフォードは、1969年にイアン・ヒルの誘いを受け、ジューダスプリーストに加入することになりました。

しかし、1990年には脱退してしまいます。その後自らのバンドをいくつか結成することになったロブ・ハルフォードですが、参加メンバーが引き抜かれたり、音楽性の違いからバンドが解散してしまったりと、長続きしませんでした。

ただ、ロブ・ハルフォードにしてみれば、この期間はヘヴィメタルへの愛を取り戻すのに必要不可欠な時間であったと述懐しています。そしてその後メンバーと和解し、2003年にプリーストに復帰。

ロブ・ハルフォードの特徴として、4オクタープ以上の声域を持つことが知られていますが、ロック界ではこの”ハイトーンボーカル”を広く浸透させた、その功績が称えられております。

ジューダスプリースト以外でのバンド活動をしていたときは、かつての自分の音楽性を否定するかのように、モダンヘヴィネタやインダストリアルロックといったジャンルに傾倒していったわけですが、この時期があったからこそ、本来のロブ・ハルフォードの求める音楽であるメタル魂を再認識することができたのではないかと思います。

HALFORD - この曲を聴け!
HALFORD - この曲を聴け! -

上記サイトで試聴できる楽曲はすべておすすめというサイトオーナーのお墨付きなので、ぜひとも全曲聴いてみましょう!

ジューダスのギタリストも最高!

ジューダスプリースト時代のロブ・ハルフォードもすごかったけど、周りを固めるギタリストが半端なく超一流!グレン・ティプトンKK・ダウニングの流れるような超絶ギターテクは聴いていて心地よいです!

ロブ・ハルフォード

グレン・ティプトン Judas Priest Retribution 2005 Tour Glenn Tipton wiki(c)

ジューダスプリーストの名曲も上記サイトで聴けますが、他にもPainKillerLiving After Midnightといった曲も個人的にはオススメです。

Judas Priest – Painkiller (Official Video)

ロブ・ハルフォードの歌唱力は超一流だと思います。特に声を張り上げる曲、高音でシャウトしまくるような曲ではすごい迫力があり、聴き惚れます。

しかし、テンポの遅い曲で抑揚の少ない楽曲に関しては、私はそれほど好みではないですね。とにかくロブ・ハルフォードの歌唱力はスピードと炸裂するギターリフが伴ってこそという感じがします、私的には。

ジューダスプリーストは、グレン・ティプトンとK.K.ダウニングのツインギターが何といっても最高でした。

ロブ・ハルフォード

K. K. Downing

K.K.ダウニングは2011年に脱退しましたが、2018年に自身のことやバンドのことなど、かなり詳しくインタビューに答えています。

ジューダス・プリーストの元ギタリストが語るヘヴィメタル黎明期 | Rolling Stone Japan(ローリングストーン ジャパン)
ジューダス・プリーストの元ギタリストであるK.K.ダウニングは、1970年代半ばのある日のことを、今もはっきり覚えているという。「バンドメンバーたちを見て、一体なんて格好をしてんだって思ったんだ」。彼は大きな笑い声を上げながら語った。フロン

ロブが語る最近のロック界の傾向

ロブ・ハルフォードは強豪バンド、ジューダスプリーストのフロントマンとして人気を博しましたが、最近のインタビューで、2019年はメタルが強力化した年だったと語っています。

ロブ・ハルフォードの意見では、メタル、ハードロック系、そしてインディロックやオルタナロックなどが力強くなった年とのことです。

2019年にロブは、弟のナイジェル・ハルフォード、妹のスー・ハルフォード、甥のアレックス・ヒルらと共にRob Halford with Family & Friends名義によるクリスマスアルバム『Celestial(邦題:メタル・クリスマス)』をリリースしました。

オリジナル新曲「Donner and Blitzen」のミュージックビデオも公開されています。

Rob Halford – Donner and Blitzen

2020年はキャンセル続き?

ロブ・ハルフォード率いるジューダスプリーストは2020年の秋、オジー・オズボーンと一緒にイギリス・ヨーロッパ圏のツアーを計画していたようですが、今のところ、現実化するか否か定かではないです。

現状、他のバンドのコンサートやツアーもキャンセルが頻発していますので、仕方ないですね。

ちなみにロブとオジーはめちゃくちゃ仲が良いです。オジーが肺炎で入院し回復したときも「本当にハッピーだ」とコメントしています。

ロブ・ハルフォード「オジーが回復しつつあり、俺ら、本当にハッピーだ」 | BARKS
ジューダス・プリーストのロブ・ハルフォード(Vo)が、インフルエンザの合併症により入院したオジー・オズボーンについて語った。ジューダス・プリーストは今月、オジーとUK/ヨーロッパでツアーを行なうはずだったが、ツアー...

ロブはオジーを「素晴らしいシンガーだ」といつも絶賛しています。

ロブのインスタが面白い

ところで、かねてから噂されていたロブ・ハルフォードのゲイ説ですがご存知でしょうか?1990年代の末頃に正式にカミングアウトしましたが、ご本人はゲイであることを隠していたつもりはないと断言しています。

誰も聞いてこなかったので発言する必要性もなかったということのようですが、ロブ・ハルフォードは1990年前後にはタトゥーを施したり人体改造も好きで、やはりかなり特異な人物です。

そんな彼のインスタも非常に個性的で面白いです。最近のコロナウイルス関連でも面白い投稿が多いです。

是非チェックしてみてください。

 

コメント