JUN SKY WALKER(S)ジュンスカイウォーカーズの現在

イメージ画像

皆さんバンドブームをご存知でしょうか?
もしくは、覚えていますか?

1980年代に起きたバンドブーム。
テレビでは、アマチュアバンドが出演できる「三宅裕司のいかすバンド天国」が人気を博し、ホコ天(歩行者天国)では路上ライブで盛り上がっていました。
今回は、ホコ天バンド出身でバンド四天王と呼ばれることもあった「JUN SKY WALKER(S)」について調べてみました。

【ジュンスカ って?】

四人組のロックバンドのJUN SKY WALKER(S)

ロックというより、ビートパンクという方がピッタリかもしれませんね。
略してJ(S)Wと書いたり、ジュンスカと呼んだりします。
原宿ホコ天で路上ライブをやっているうちに、人気が出て多くのファンが集まりました。

デビューは、1988年5月21日。
代表曲に「全部このままで」「歩いていこう」「START」「白いクリスマス」。
聞いたことのある曲もあるかも。

全部このままで

1980年代後半のバンドブームにジュンスカは絶大な人気とともに存在感を放ち、デビュー1年で日本武道館ライブを成功
当時の中高生のバンドをやっている子たちの憧れでもあり、ジュンスカの曲をコピーして演奏する子たちも多くいました。

ジュンスカメンバー

Vocal:宮田 和弥
Guitar:森 純太 (リーダー)
Bass:寺岡 呼人
Drum:小林 雅之
元メンバー Bass:伊藤 毅 (結成1980~1988年、1993~1997年)

略歴

1980年:同じ高校通う森純太・伊藤毅・小林雅之・宮田和弥にて結成。
80年代後半:ホコ天路上ライブにて絶大な人気。
1988年:伊藤毅 脱退。寺岡呼人 加入。
1988年5月21日:メジャーデビュー。ミニアルバム「全部このままで」
1989年:日本武道館ライブ。アルバム「歩いていこう」オリコンチャート3位。
1990年:ミニアルバム「Let’s Go ヒバリヒルズ」オリコンチャート2位。
「白いクリスマス」シングルオリコンチャート1位。
1991年:アルバム「START」オリコンチャート1位。アルバム「TOO BAD」
1992年:アルバム「STAR BLUE」
1993年:寺岡呼人 脱退。伊藤 毅再加入。
1994年:アルバム「DAYS」
1995年:アルバム「nine」
1996年:アルバム「EXIT」
1997年:ベストアルバム「MY GENERATION」。
解散発表。解散ツアー「HELLO」行い、6/14日比谷野外音楽堂にて解散。

【解散?復活?テレビ出演】

1997年に解散したジュンスカ。

それぞれのソロ活動や音楽活動などをしていましたが、解散から10年後の2007年に小林・森田・宮田・寺岡の4人が集合。食事の席で盛り上がった4人は2夜限りの復活ライブを行うことを決定。

2007年9月、再結成を発表し活動再開。

バラエティー番組「アメトーーーーーーク」にも出演しましたがご存知でしたか?
「歩いていこう」「全部このままで」「MY GENERATION」を演奏。
ジュンスカファンには、たまらない神回でした。

JUN SKY WALKER(S) アメトークLIVE 「MY GENERATION」

2008年に、12年ぶりのシングル「青春」リリース。

JUN SKY WALKER(S) – 青春 [2008.10.26]

20thANNIVERSARY TOUR『MY GENERATION』、寺岡主催の音楽イベント、サマーフェス、20thANNIVERSARY LASTTOUR “THANK YOU”を行い、年末のカウントダウンにて再活動を終了。

ですが、あることをきっかけに完全復活します。

3.11東日本大震災

手助けになれば。自分たちにできることを。

との思いからツアーをくみ、翌年には東北でもツアーをしました。
いろいろな想いを持って、2012年完全復活宣言!!

【デビューから30年たったジュンスカの現在】

完全復活後のジュンスカ、シングルのリリースやアルバムのリリース、ファンには嬉しい再録ベストのリリース、ツアーも敢行しています。

2012年:1月 再録ベストアルバム「B(S)T」リリース。

2~4月 ライブツアー「JUN SKY WALKER(S)TOUR2012 “B(S)T”~完全復活~

4月 アルバム「LOST&FOUND」リリース。

6~7月 ライブツアー「J(S)W TOUR2012 “LOST&FOUND”FIRST STAGE」
11月 ライブツアー「TOUR2012 “LOST&FOUND”SECOND STAGE」

12月 TSUTAYAレンタル限定CD「マザー/BEAUTIFUL WORLD」リリース。

2013年:1月 シングル「」リリース。アニメ「トリコ」エンディング曲。

2月 アルバム「FLAGSHIP」リリース。

3~5月 ライブツアー「J(S)W25thTOUR~ Anniversary~

5月21日 25周年スペシャルライブ「~この日から僕らは歩いてきた~J(S)W25周年スペシャルライブ」渋谷公会堂。

J(S)W 2013/05/21 渋谷公会堂 25周年スペシャルライブ 風見鶏

2014年:1月「25TH ANNIVERSARY LIVE BEST of JUN SKY WALKER(S)」日本武道館にて開催。

2014/01/11 JUN SKY WALKER(S) @ 日本武道館 「アニバーサリー」

2015年:アルバム「BACK BAD BEAT(S)」リリース。

ライブツアー「JUN SKY WALKER(S)2015~The Next Step~」

2016年:アルバム「FANFARE」リリース。

ライブツアー「JUN SKY WALKER(S)TOUR2016~FANFARE~

2017年:「JUN SKY WALKER(S) OFFICAL FANCLUB」オープン

JUN SKY WALKER(S) OFFICIAL FAN CLUB
1988年にメジャーデビューし日本におけるROCKブームの先駆けとなる時代をリードした4人組ロックバンド。

2018年:初のカバーアルバム「BADAS(S)」リリース

ベストアルバム「ALL TIME BEST~全部このままで~1988-2018

ミニアルバム「白いクリスマス2018

ライブツアー「30thANNIVERSARY TOUR~全部このままで~

と、忙しく活動されているのが分かりますよね。

2019年3月まで「30thANNIVERSARY TOUR」が行われていました。

JUN SKY WALKER(S) デビュー30周年スペシャルサイト
JUN SKY WALKER(S) デビュー30周年スペシャルサイト

JUN SKY WALKER(S)の日

そして嬉しいことが。

デビューした5月21日が、2019年「JUN SKY WALKER(S)の日」として認定されました。

「JUN SKY WALKER(S)の日」(ジュンスカの日)認定記念 スペシャルイベント
「JUN SKY WALKER(S)の日」(ジュンスカの日)認定記念 スペシャルイベントを詳しく紹介しています。テレビ番組情報 ケーブルテレビ(CATV)、インターネット、電話のJ:COMのご加入者様向けサイト【MY J:COM】テレビ番組情報、テレビ視聴情報、動画が満載。

記念日になるなんて、ファンには喜ばしいことだし、本当に素敵なことですよね。

今現在のメンバーは、宮田和弥・寺岡呼人・小林雅之・森純太の4人です。
全員が50代になり30周年を迎えたジュンスカ。
今も、当時聴いていた曲を今のジュンスカで聴けるなんて嬉しいけれど、不思議な感じも。

メディアへの出演は、残念ながらほとんどありませんが、このままバンド活動は続けて欲しいですね。
今後の活動…メディアへの出演も含めて期待しています。
これからも、ジュンスカから目が離せません。

コメント