書類の整理や読み書きがマジ苦手【税理士事務所行ってきた】

書類の整理や読み書きがマジ苦手【税理士事務所行ってきた】

 

今日は実家の鉄工所関係で、税理士事務所に行ってきました。

幸いにも妻が書類の記述や整理が苦手ではないのでかなり助かってますが、それを加味しても

税理士さんいないとマジ無理・・・

なんであんなややこしい制度になっているんだろう?っていつも思います。

法人の住所変えるだけでも、最初自分でやろうとして法務局に聞いたりしましたが、結局のとこ司法書士に頼まないと、なかなか自分ではできないシステムにわざとなっているとしか思えないほどめんどくさいです。

住所変えるだけなのにですよ?

法務局から何枚もプリントアウトして記入して出したら終わりかと思ったら、定款がなにやらうんぬんとか一文が添えてあって、それを提出するのにソフトをダウンロードしてなんちゃら・・・

そしてソフトをダウンロードしたものの、PCに慣れてる俺ですら非常にややこしい。

使い方のPDFもあって、多分できる限り全力でわかりやすく書いてある意図は感じたのですが、説明通り進めていくと途中でなになに書に書いてある番号がなんちゃらとか出てきて、そういう番号がわからんのですね。

法人の場合はたいてい履歴事項全部証明書にデータは入っててそれは持ってるんですが、そこだと似たような法人の証明書みたいのに書いてある番号がなにやらうんぬん・・・そしてその証明書が見つからない。なんでこうわかりにくい作りになっているのか・・・

住所変えたいだけなのに

しかも自分でやっても3万かかります(笑)住所変えるだけで。

法務局は基本的には何も教えてくれない

個人は以前より書類系の手続きとかは楽になってきたと思うのですが、法人はくっそめんどくさいです。

法務局に直接聞きに言っても、基本的には教えてはくれません。一言でいうと

記入した紙持ってきてください

これだけです。

一応相談窓口みたいのがあって、予約して行けば相談専門の方が詳しく教えてくれるシステムにはなってます。

最初法人作る時に行ったのですが、かなり親切に丁寧に色々教えてくれました。それで一時間くらい教わったのですが、やっぱり個人でやるのはハードル高いと思いました。その相談員の方も「個人でやる人はめずらしい」と言ってましたね。

その時は仕事が忙しすぎて結局税理士事務所に頼みましたが、法務局はそもそもが専門家が行くみたいな作りになってますね。

法務局の申請関係だけでもこんな感じな上に、社会保険や労災や税金や会計など書類や手続きが山積みです。

専門家に頼まないとすぐに徳井くん状態になってしまうわけですね。

自分の場合は実家の事情で仕方なく俺がやる流れになってしまったのですが、事業者というのはこれだけ色々頑張って逆に国に税金を払い、景気悪い時は自分の給料削って従業員に給料払うわけですから、マジでキツイんだなという良い体験をさせてもらってます(笑)

 

 

クリックして応援してニャ😺

コメント

  1. 匿名 より:

    キヒロさんの画像が可愛くなって良かったです。

    • 新井キヒロ 新井キヒロ より:

      ありがとうございます!
      まだ始めたばかりで反応がなかなかないので、どうなのかな?って思ってましたが変えてよかったです(*´ω`*)

タイトルとURLをコピーしました