親父が石焼き芋屋を突然始めようとしてる話

親父が石焼き芋屋を突然始めようとしてる話

実家は鉄工所なのですが大体10年に1回か2回くらい、建設業界が不況の時がありましてね。

今年は非常に仕事が薄いです。

それで以前、知り合いの石焼き芋屋さんの釜を作ったことがありまして、その時の図面を元に釜を作ったというわけです(図面は父親が作成)

んで、その知り合いの石焼き芋屋さんに色々ノウハウも教わったというわけです。

石焼き芋の釜

釜はこんな感じです。

軽トラの枠組みはこんな感じ

んで、釜を乗っけると

こんな雰囲気ですね。

父はウクレレが好きなので、ウクレレ石焼き芋屋という、謎のジャンルになりそうです。

この看板は自分で作ってました。

食品衛生責任者の資格は俺が取りに行かされましたよ。。

どうなるかはまったく不明ですが、飲み代で金使うよりかはまーずっといいかなと。

今後もたまにネタにすると思います。

 

 

クスリのアオキの謎

クリックして応援してください☺

コメント

タイトルとURLをコピーしました