妙義神社に妻と行った時のエピソード

妙義神社に妻と行った時のエピソード

 

妻は、黒髪+メガネという風貌なので、秘書っぽい知的風なイメージに良く見られるらしいのですが、意外と天然なんですよね。

倒れこむ妻

妙義神社の階段の傾斜

妙義神社は坂も階段も傾斜がかなりキツくて、妻に限らず誰が行っても登るのは結構しんどいです。

妙義神社の入り口

なんでも江戸時代からの階段をそのまま今も残しているそうです。

ですので、この階段は少なくとも400年くらい前から変わっていないのです。

時空を超えた階段です。

それと、途中でたまたま話した老夫婦に聞いたのですが、妙義神社を作った人は、日光東照宮を作った人と同じ人なのだそうです。

右側に、結構大きめの切り株がポツポツあるのですが、木の根が育って階段を歪ませています。

おそらく、これ以上に木が育つと、階段そのものがなくなってしまうので、泣く泣く切り倒したのだと思います。

かなり樹齢のある大木だったのではないかと思います。

自分は昔から大木が好きで、特に欅の木が好きです。

天空の社 妙義神社

2014年の10月に、国際天文学連合にて新しい小惑星の名前に「Myogizinzya」妙義神社が正式登録されたそうです。

渡辺和郎さんという方が見つけて、命名されたとか。

北海道出身の方らしいのですが、なぜ「Myogizinzya」にしたのか理由が知りたかったのですが、載ってないんですよね。渡辺さんのwikiも見ましたが、そもそも「Myogizinzya」と命名したことすら載ってなくて、理由はわからず仕舞いです。

妙義神社の公式サイトにも、理由は詳しくは書いてませんでしたが、登録されたのは本当のようです。

妙義神社 公式サイト
妙義神社公式サイト 信仰と祈願の社 妙義神社 家内安全・商売繁盛・交通安全・合格祈願・良縁祈願・心願成就など

パワースポット 奥の院

実は妙義神社近辺には他にもたくさんスポットがあって、登山としてもかなり楽しめる場所なんですよね。

特に奥の院がパワースポットとして有名です。

できたら行きたかったのですが、結構な登山上級者じゃないと厳しそうなので断念しました。

奥の院についてはこちらのブログで詳しく書かれています。

群馬には赤城山、榛名山、妙義山、浅間山とありますが、どの山も特徴的で不思議な山です。全ての山に神社があります。

もし群馬に来たら是非行ってみてくださいね☺

コメント

タイトルとURLをコピーしました